ウーロン と まめ と 緑茶  と 紅茶

Histoire de soi 4

スピッツ ハチミツ 
 実はファンクラブにも入ってました・・・。
そして、今でも二階のお部屋にはポスターが・・・。


b0068551_1993725.gif

TOHO映画館のギフトムービー
 ロペの世渡り上手ぶりもいいけど、アキラ先輩のワガママぶりもいい!


 前回のあらすじ  再放送枠ドラマの山口百恵と宇津井健の大根役者ぶりがツボにはまる!
          『赤いシリーズ』はみんな、似た内容みたい。

 で、そのドラマがあるが為に2、3限目は家で視聴を楽しむマメであった。
ある日、同じクラスのまぁまぁ話をする程度の女の子がドラマを楽しむ私の家に
自転車でやって来た。そのKさんは電車通学なハズだと思ったけど、気にしないで、
4限目に一緒に登校した。校門で教師に呼び止められたが、私は自分の自転車を
駐輪場に置き、Kさんはずっと教師と話ていたので先に教室に入った。

 その晩、学校から連絡があり、親と一緒に登校しろ! という。
何か悪い事をした覚えもないが、母と一緒に校長室へ。Kさん親子もいた。
何事ぞ? と思ったらKさんは校内で自転車を盗みマメ家に来ていたらしい。
Kさん-停学1週間 まめ-停学2日 という信じられない処分が!!
マメ母は私が盗みをしたワケではないので特に怒りはしなかった。

 停学があけ、学校に出ると監督にむちゃくちゃ怒られた。
Kさんはどーゆーワケか慣れ慣れしくなった。そんなある日Kさんの母親が
学校にやってきて、教室にいる私に怒鳴り込んできた。 久々、頭にきたので
『そっちが勝手に家に来て、こっちは意味なく停学になるし、怒鳴られても困る!
指定校推薦もとれなくなったのは誰のせい? 』←その前に成績的に無理(笑)
と答えた。次の日からクラスのみんながKさんと微妙に距離を置き出した。
 後々、Kさんは転校していった。 
 母が「ボチボチ、塾に行かないと! 明日から行ってね」と、突然言い出した。
行く塾は勝手に決まっていて、入塾届けも勝手に出されていた。塾に行くだけで
有楽町線に乗らなくてはいけないのは面倒だった。気分が良い日は自転車で行った。
 豊島園以外では区営プールで泳いでいたが、これを期に泳ぐ事はやめた。

 そんなこんなで3年になり、部活も引退。部員はみんな泣いていたけど
今でも、意味がわからない。負け試合になりそーな3セット時に、補欠2人と交替させられて
全く腑に落ちない終わり方だった。負けるならコートの中で負けたかった。

1度、試合で妹が通う学校と同じ会場になり、背のでかい女が私に声をかけてきた。
都内では有名な強豪校のユニフォームだったせいか、監督もチームメイトも私もびびった。
それは、妹だった。
妹「久しぶりー! バレーやってるとは聞いてたけど、どう? 低血圧とか大丈夫?」
マメ「うん、まぁ普通・・・」我が校のワンマンキャプテンエースとコーチが一番驚いてた。

 3年の担任はへんな女で大嫌いで参った。 
テストで満点近くても「ウマが合わない」というだけで赤点をつけられていたラグビー部の
奴とは同じクラスでいろいろな面で助けられた。1年から遅刻友でもあり今でも親友である。
(彼が幹事になり、クラスの仲間&ラグビー部員で結婚祝い会もやってくれた)

 ひどい成績ながら文系進学コースに上がったが就職に憧れていた。
「就職をしたい」と親に相談したら とりあえず、勉強しとけば? と。
受験はこれまた、いばらの道であった。跡継ぎのいない母の実家で
養女の話も出ていて私はノリノリ行くつもりだったが、その家の次女である母が猛反対した。
 特に夢などない私にはピッタリだったと思ったんだけど。。。

 受験は第一志望は2部にひっかかる程度だった。
 第三志望の絶対無理だと思われた都立の補欠に受かり、結局、そこに行くことになった。
まさかの合格で驚いたが、特に目的もなく『行きたい!』と強く思うトコでもなかった。
 毎朝、阿佐ヶ谷駅まで自転車で行って中央線に揺られて八王子方面に・・・。
めちゃくちゃ遠くてウンザリした。そのうち、天候がすぐれない日は行かない事にした。
 そこそこ友達もできてまぁ、楽しかった気がする。あんまり覚えてない・・・。

 ある日、某大手印刷会社の本社でのアルバイトで採用された。
製本現場もすごく楽しかった。が、すぐに生産管理課に移された。
 そこの社員にはとても良くしてもらった。学校よりバイトの方が勉強にもなり
楽しかった。いろいろな課の人達にも顔を覚えて貰えた。会社の敷地内にプールもあった。
ある日の課長さん「社員採用試験を受けてみなよ〜!」
 語学の英語と第二外国語もしっかり落としていた私に卒業の見込みは殆どないような
気がしたが、とりあえず採用試験を受けてみることにした。
 ハッキリ言って難しかった。特に、一般常識テストでは意味すらもわからなかった。

                               で、つづくか?
次回、半端ない忙しいケド楽しい日々の中、大まめ氏と出会うとか。
 
[PR]
by oolongwan322 | 2010-02-05 20:52 | ヒトリゴト
<< Histoire de soi 5 Histoire de soi 3 >>