ウーロン と まめ と 緑茶  と 紅茶

カテゴリ:ヒトリゴト( 7 )

Histoire de soi 6

Fireflies OWL CITY
こーゆーの、また流行るんですかね〜 嫌いじゃないです。

b0068551_1638532.jpg
いなちゅー。
これと TO-Y  は全巻購入。






前回あらすじ  また泳ぎはじめちゃう! 会社のプールは1時間30分で140円。
         その当時、豊島園行きの終電は池袋発23時54分でした。早くて困った。

 そのカレ『Tさん』に毎日、かるくあしらわれてるよーな気がしなくもない日々。

 ある春の桜がキレイな日の週休の水曜日。
家で爆睡している私にワンマン課長から一本の電話が。
仕事で事故っちゃったのか?  とヒヤヒヤと出るが
課長「オマエ、今日は週休だってなぁ? オイ!』
まめ「はぁ、まぁ。前から課長が決めたお休みですよ?』
課長「今からすぐに市ヶ谷駅に来いや!」
まめ「えぇ? 会社じゃなくて駅ですかね? 
    あそこの釣り堀の鯉はエサに慣れちゃっててプロにしか釣れませんよ〜。」
課長「バカ! オマエはいまから『番』をするんだ!
   昨晩から、委託社員が花見の場所とりしてるから夜まではオマエが見張りだ!」
まめ「えぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜・・・」
 
 昼前に その場所 に行くとしっかり場所取りがしてあり、番を交替。
仕方が無いので本を読んでいると、昼休みにN先輩と仲間が差し入れを持ってきた。
N先輩「しっかり番しとけよ〜 後で委託のオッサンも来るって言ってるからよ!」
 差し入れのビニール袋を見ると中身は ビールとおつまみしか入ってません。
結局、15時頃からその委託の人と2人で桜の木の下でビールを飲み始め、
みんなが集合する頃は完璧にできあがっており、Tさんへの印象は最悪なものと
なるのであった。

 その何日か後に当時つき合っていた男性に嫌なふられ方をしたりもしたが、
暇つぶし的にTさんにちょっかい出していたのでさほど落ち込まなかった。

 仕事が合併号つづきになったり、個人的にスランプに入ったり、
休みがたまってきたり。 そんな日々の中、高校時代の遅刻友達でもあった
ラグビー部の親友Mから手紙がきた。数年前からニュージーランドにラグビー留学をして
いたのであった。『ヒマならくれば?』という内容。
 課長に   2ヶ月ぐらい休みが欲しい。くれないなら退職する。
と、言ったら1ヶ月休みをくれた。そのかわり、夏休みナシと当分は週1しか休めない。
 サッサと準備をして、親には「明日からニュージーランドに行って一ヶ月ぐらい
したら帰るから」と言ったら、めずらしく空港まで送ってくれた。

 実は、はじめての海外であった。
『ヒマならくれば?』という誘い文句で、観光地の案内ぐらいはしてくれるんだろー
とは思ったが、Mはラグビーも忙しいし、カノジョもいるから何か悪いかな〜? と
思っていたら、とある観光地で車から降ろされた。
「五日後に なんとかっつー街に何時頃までにおいで〜」
  語学が苦手だっていう私に突然、英語圏での一人旅が始まってしまうのであった。

 次回 一ヶ月ちょいすぎた頃に帰国。

b0068551_20371767.jpg 某○○○会のオリジナルステッカー。
 先週末にマメ家で『春の会合』に
むけて、券競家、リッキー家との
ミィーティングの集いがありました。

 車検で、車をどーしよ? と考えの
『マグネット版』を作成!
 まさかの2匹貼りだ!!
(紅茶はシュナだが、まぁ、いいか!)
[PR]
by oolongwan322 | 2010-02-24 16:19 | ヒトリゴト

Histoire de soi 5

I my me mine POLISICS
ライブが最高なんですが、先月から活動休止... 復活しないかな〜

b0068551_22505357.jpg わかる人にはわかる!!
 こんなにたくさんの、
            ○○○○が!!

※○○○○の中を埋めよう!
 正解者にはもれなく抽選で!!







前回のあらすじ  相変わらずダラダラとした生き様だが働かないとやばいかな〜?
          思いどーりに生きたいな♪

 就職試験の一般常識問題に
『家庭用の電力は何Vでしょう』 と、あった。 まったく答えに検討がつかず、
そーいえば「君の瞳は一万ボルト」って歌があったな〜 と思いつき『10000v』と、記入。
これはかなり自信のある答えだった。  諦めていたがまさかの採用で入社。
技術系を希望していたので、榎町か五反田工場を覚悟していたが、本社勤務だった。
 
 配属された課は月刊誌と週刊誌を扱う忙しいトコであった。
その課内は社員20名 と委託会社さんが入っており5社30名 合計この2課は50名。
基礎ができるオペレーターになるのには半年以上はかかる。
 ここの課には女子社員は3名しかいなく、私の指導員はワケのわかんないキツイ女。
一コ上の先輩はへんな宗教に入っていて、残業は全くせず、仕事もできない女だった。
仕事が忙しいせいなのか、新人が入ってもすぐ退職するそーで、あまりかまってもらえず。
 これには、仕事を覚えるどころではなく教えてもらう事もできず、とても参った。
そこで、考え『体育会系ノリの外ヅラ大作戦』 でいくことにした。 
これが、大あたり! 上司や先輩たちや、委託会社さん達から可愛がってもらった。
(恥ずかしながら、大マメに聴いてもそう言うと思う)

 委託会社の人達は殆どがフリーで契約しているプロの集まりだった。
社員は楽な仕事ばかりで、日数や組版がメンドクサイのは殆どが委託さん任された。
細かい職人技のような技術は委託会社の人や、その社長さん達も嫌な顔せずに教えてくれた。

 どうも、この仕事は私にとって天職だったようで、その内に
週刊誌の担当になった。毎日が時間との戦いであったが自分の奥義を出した週刊誌の
表紙が店頭に並んでいるを見ると嬉しかった。営業の人や、先方の出版社の担当者からも
「このページはマメさんで」とくる時もあった。(みんなにマメと呼ばれた)
女子の規定残業時間をありえない程越えてしまうので、係長が臨出扱いでタイムカードを
操作してくれて、お給料も同期の中ではかなり戴いていたと思う。

 目標にしていた二歳上の先輩と仕事を分け合うようになり忙しさも倍増。
このN先輩とは趣味も似ていて、早く仕事が終わった日は一緒に新宿のレコード屋さんに
行ったり、ロカビリーなクラブやパンクな集いでの遊び方を教えてもらったりした。
男の先輩だったけど友達という感じに接してくれて恋愛感情もなく、私は尊敬していた。
その頃ヒスグラの服なんかも着ちゃったりしてた(笑

 同期の子が退職してからは、お昼休みに会社のプールで泳ぐ事にした。
夜も20時までに仕事が終われれば泳いだ。
○arセンサー という車雑誌の入稿がある日は校了まであるので家には帰れなかった。

 ある日、仕事中に委託会社さんの社長さんがメガネをかけた男性を連れてきたのを
写植機越しに私は発見! 
 その人は委託専用の社服は着ておらず私服だった。
ボーダーのシャツにカーディガンを羽織り、デニム。そしてリュックを背負ってた。
 後からなにげなく委託の社長さんに聴いてみたトコ
「最近、分室で仕事してもらってて近々こっちでやってもらうんだよ」
  私は彼が気になって、気になって仕方がなかった。
N先輩に「あの委託さん、何歳ですかね〜?」と聴いてみたトコ
「30半ばらしいって聴いたぜ」との事! チャンス!!!    なんのだ?
 その彼は『酔っぱらいが嫌い』という情報を得ていたので、
課をあげての合同飲み会では、本性を隠す為に近くではお酒を飲まないよーに
したり、たばこを吸う彼を意識して、さりげなく喫煙所の前を通ってみたり、
同じ雑誌の仕事の時は念入りな確認に行ったり、自分の仕事が終わった時は
なにげなーく「お先に失礼しまーす! でも、これからプールなんですよー」
等と、外ヅラ技を出して雑談に持ち込んだ。

仕事とプールと遊びとビールで忙しいけど充実した日々を過ごすマメであった。 

 次回  気まぐれに旅に出たり『彼』を無理矢理にお出かけに誘っちゃったり。
[PR]
by oolongwan322 | 2010-02-14 00:18 | ヒトリゴト

Histoire de soi 4

スピッツ ハチミツ 
 実はファンクラブにも入ってました・・・。
そして、今でも二階のお部屋にはポスターが・・・。


b0068551_1993725.gif

TOHO映画館のギフトムービー
 ロペの世渡り上手ぶりもいいけど、アキラ先輩のワガママぶりもいい!


 前回のあらすじ  再放送枠ドラマの山口百恵と宇津井健の大根役者ぶりがツボにはまる!
          『赤いシリーズ』はみんな、似た内容みたい。

 で、そのドラマがあるが為に2、3限目は家で視聴を楽しむマメであった。
ある日、同じクラスのまぁまぁ話をする程度の女の子がドラマを楽しむ私の家に
自転車でやって来た。そのKさんは電車通学なハズだと思ったけど、気にしないで、
4限目に一緒に登校した。校門で教師に呼び止められたが、私は自分の自転車を
駐輪場に置き、Kさんはずっと教師と話ていたので先に教室に入った。

 その晩、学校から連絡があり、親と一緒に登校しろ! という。
何か悪い事をした覚えもないが、母と一緒に校長室へ。Kさん親子もいた。
何事ぞ? と思ったらKさんは校内で自転車を盗みマメ家に来ていたらしい。
Kさん-停学1週間 まめ-停学2日 という信じられない処分が!!
マメ母は私が盗みをしたワケではないので特に怒りはしなかった。

 停学があけ、学校に出ると監督にむちゃくちゃ怒られた。
Kさんはどーゆーワケか慣れ慣れしくなった。そんなある日Kさんの母親が
学校にやってきて、教室にいる私に怒鳴り込んできた。 久々、頭にきたので
『そっちが勝手に家に来て、こっちは意味なく停学になるし、怒鳴られても困る!
指定校推薦もとれなくなったのは誰のせい? 』←その前に成績的に無理(笑)
と答えた。次の日からクラスのみんながKさんと微妙に距離を置き出した。
 後々、Kさんは転校していった。 
 母が「ボチボチ、塾に行かないと! 明日から行ってね」と、突然言い出した。
行く塾は勝手に決まっていて、入塾届けも勝手に出されていた。塾に行くだけで
有楽町線に乗らなくてはいけないのは面倒だった。気分が良い日は自転車で行った。
 豊島園以外では区営プールで泳いでいたが、これを期に泳ぐ事はやめた。

 そんなこんなで3年になり、部活も引退。部員はみんな泣いていたけど
今でも、意味がわからない。負け試合になりそーな3セット時に、補欠2人と交替させられて
全く腑に落ちない終わり方だった。負けるならコートの中で負けたかった。

1度、試合で妹が通う学校と同じ会場になり、背のでかい女が私に声をかけてきた。
都内では有名な強豪校のユニフォームだったせいか、監督もチームメイトも私もびびった。
それは、妹だった。
妹「久しぶりー! バレーやってるとは聞いてたけど、どう? 低血圧とか大丈夫?」
マメ「うん、まぁ普通・・・」我が校のワンマンキャプテンエースとコーチが一番驚いてた。

 3年の担任はへんな女で大嫌いで参った。 
テストで満点近くても「ウマが合わない」というだけで赤点をつけられていたラグビー部の
奴とは同じクラスでいろいろな面で助けられた。1年から遅刻友でもあり今でも親友である。
(彼が幹事になり、クラスの仲間&ラグビー部員で結婚祝い会もやってくれた)

 ひどい成績ながら文系進学コースに上がったが就職に憧れていた。
「就職をしたい」と親に相談したら とりあえず、勉強しとけば? と。
受験はこれまた、いばらの道であった。跡継ぎのいない母の実家で
養女の話も出ていて私はノリノリ行くつもりだったが、その家の次女である母が猛反対した。
 特に夢などない私にはピッタリだったと思ったんだけど。。。

 受験は第一志望は2部にひっかかる程度だった。
 第三志望の絶対無理だと思われた都立の補欠に受かり、結局、そこに行くことになった。
まさかの合格で驚いたが、特に目的もなく『行きたい!』と強く思うトコでもなかった。
 毎朝、阿佐ヶ谷駅まで自転車で行って中央線に揺られて八王子方面に・・・。
めちゃくちゃ遠くてウンザリした。そのうち、天候がすぐれない日は行かない事にした。
 そこそこ友達もできてまぁ、楽しかった気がする。あんまり覚えてない・・・。

 ある日、某大手印刷会社の本社でのアルバイトで採用された。
製本現場もすごく楽しかった。が、すぐに生産管理課に移された。
 そこの社員にはとても良くしてもらった。学校よりバイトの方が勉強にもなり
楽しかった。いろいろな課の人達にも顔を覚えて貰えた。会社の敷地内にプールもあった。
ある日の課長さん「社員採用試験を受けてみなよ〜!」
 語学の英語と第二外国語もしっかり落としていた私に卒業の見込みは殆どないような
気がしたが、とりあえず採用試験を受けてみることにした。
 ハッキリ言って難しかった。特に、一般常識テストでは意味すらもわからなかった。

                               で、つづくか?
次回、半端ない忙しいケド楽しい日々の中、大まめ氏と出会うとか。
 
[PR]
by oolongwan322 | 2010-02-05 20:52 | ヒトリゴト

Histoire de soi 3

ピンポン  ←予告ですが、素敵です。
 スポ根映画でこんなカッコイイのは後にも先にも
ないと思う!! 感動した邦画No.1です!!!! 音楽もスバラシイ!

b0068551_22493726.jpg













「オヨヨ」の絵は今でも上手に描けます。

 前回のあらすじ 怒濤の高校受験でランク下のどーでもいい高校に入学。
          友達何人できるかな?

 そんなこんなで、高校に入学したのだからアルバイトでもしよう! と思ったマメで
あったが、なんと3月までは15歳。原付の免許すら取れない有様。
下手に家にいると塾とかに行かされちゃうのも困るので「部活」に入って青春を
謳歌しようと考えるのであった。 水泳部は無かった。父や妹によく
バレーボールをさせられていたので、バレーボール部に入部。私は一番チビだった。

 そこで、S子と知り合う。S子は最初こそは学年では敵対的なグループにいたが、
一緒にいるうちに仲良くなり、毎日、3時間めが終わると私のいるクラスに来て、
お弁当を一緒に食べたりしていた。S子はかわいくてオシャレで誰からも人気が
あったが、欠点は バカ だった。
 部活は厳しかったが、楽しかった。他の部の連中とも仲良くなったりで青春を謳歌だ!

 部活の練習も厳しかったが、段々と私の成績も厳しくなってきた。
朝、起きると机の上にお弁当が置いてあり、親は仕事でいなかった。
目黒の強豪校に通う妹は朝練があるので6時前には家を出ていたようだ。
低血圧のせいもあり、親は朝に私を無理に起す事はあまりしなかった。
NHKの朝ドラが始まる頃に起床し、学校の予鈴が聞こえたら家を出ようかな?
ぐらいな毎朝だったので、ちょくちょく遅刻する日があった。
 気がつくと、遅刻仲間 もできていた。

 夏休も部活ばっかり。練習が終わって、友達と遊んでからも、夕方からヒマな時は
1人で豊島園プールで泳いでいた。
 夏休みの学校のプールは建て替えの関係もあり、ラグビー部しか泳がせてもらえない。
しかし、練習終了時間が合えば、何故かまぎれて泳がせて貰っていた。

 そして、二学期の成績表を観た時に驚いた! 英語のR 数学I が欠時ギリギリだった。
二教科とも1限目が多いからだ。英語に関しては成績も散々であった。
成績が落ちていく私を親はベツに関心がないようにも思えたので、その先も特に
努力することなく、好きな教科だけはがんばった。
 その後、英語に関しては英語のGもとんでもない事になってしまい、
進級時には RとGも単位を落とす。 という暴挙にでてしまった。
 気がつくと、追試仲間 もできていた。
学校の建て替えが始まった。プレハブ校舎は冷暖房完備で快適♪

 2年になりクラスは文系進学クラスにはなった。でも、バブル期で就職も魅力的☆
いつもつるんでいたS子は進級できなかったが、相変わらず一緒にお弁当を食べていた。
だぶったS子のおかげで、学年下の友達も増えた。
 部活ではどーゆーワケか、ずっとレギュラーに。左利きのせい? かライトだった。
しかし、2セッターでやる時のエースのワンマンキャプテンは感情まる出し。ムラがあるので
トスを上げるのがすごい嫌で仕方が無かった。ブロックカバーすら嫌だった。
 仲良くはしてたけど、同じ部員よりも他の部の友達のが多かった気がする。
どーゆーワケか先生とか他の部の先輩にも「まめ!」と呼ばれ親しまれていた気がする。
 男友達も結構多かったが、同級「オマエが男だったらなー」とか
先輩「妹みたいだよなー」とか言われるとウンザリした。そーゆーモテないキャラだった。

 一応、違う学校に通う年上の彼氏ができた。
部活の後に、友達と阿佐ヶ谷のMOSに行き、その近くの学校に通う彼が迎えに来て、
一緒に帰る。 家は近くなのに。何故か一緒に15分の自転車帰宅だ。
(その彼には「マメは妹のようだ」と言われ別れる。真相は教育実習生と二股かけられてた)

 高校2年もおもしろおかしく時間は過ぎていき、プレハブ校舎の教室は校門から
一番遠く、遅刻が増えた。成績は下から数えた方が早い位置に。
「下ランク高校だから!」とバカにしずぎた結果だ。
そして、S子は2学期には単位が足りなくなる事が確定してしまい、校則で2ダブはできない
という事で退学した。 
 結構へこんだが、相変わらずお弁当は3時間め終了時に誰かと食べていた。
ラグビー部のMがお惣菜屋の息子で彼のお弁当は半端なく美味しかった。

 私の休み時間は、宿題を写させてもらったり、寝てしまった分の授業のノートを
写させてもらったり、友達とお菓子を食べたり、他のクラスの子が遊びにきたり、
と、まぁまぁ忙しかった。

 この頃、午前中のテレビドラマ「赤いシリーズ」の再放送が始まってしまい、
この番組は私をさらに窮地に追い込むものになってしまうのであった。。。。
                        つづいちゃうのか?
[PR]
by oolongwan322 | 2010-02-01 00:02 | ヒトリゴト

Histoire de soi 2

SUPER CAR STROBOLIGHTS

 解散しちゃったりでサミシイね。
ちょっと前に某お水のCMに流れてましたねー。


b0068551_0412833.gif

 コフィーちゃんは古墳ギャルです。仁徳くんとつき合ってます。
仁徳くんの「中の人」は仁徳○皇?

 前回のあらすじ:中学時代のマメは泳ぐ事が好きだがタイムはいまひとつ。

 受験シーズン? を迎えたある日の二学期・・・
担任の先生に親と一緒に呼び出された。
先生「私立高校から水泳の推薦で。と、きていますが、どうしますか?」
まめ「え〜・・・ 受験だるいしどっちでもいいかな〜」
母 「それって学費免除!?」
先生「基本免除ですが設備費のみは・・・」
母 「行かせたい学校があったのですが、まぁそれでいいです!!」
 そんなこんなで先方の学校側とも話し合い進路はあっさり決まった。
ところが、ある日、父が担任の教師のトコに面談に行くのであった。

父 「調べたら、すげーバカ学校じゃね〜か!!」
と、今更ありえない言いがかりをつけて、推薦入学の件は無かった事に
したのであった。 怒る中学側。私も高校に入って一生懸命に泳いでも
もう、タイムは限界だろうし、背も低いから不利だし、やばいなー・・・
ぐらいは、考えていたので少し、気は楽になった。

 そんなこんなで、結局は母が行かせたがっていた某私立高を目指し、
勉強するものの、学校側が出す内申書はかなりテキトーなモノに思えた。
 母が行かせたがってた学校は無理だった。自分が行きたいと思ったトコも
無理だった。それからは、全く勉強もする気になれずダラダラしてた。

 滑り止めに都立高に願書を出していたので受験。←本当に滑り止めってる。
しかーし、受験日のランチで普段はあんまり飲まない
『動物が描いてある赤い牛乳パック』のアレを飲んだのが運のつきだった。
午後の部から OPP に悩まされることに・・・。(オナカピーピーね)

 第一志望は諦める事に。幸い、グループ合格はしていたので
第一志望より下のランクの高校に入る事はできる。 が、
まぁまぁの学校は結構、遠かったし、朝は寝ていたいし、で
『町内の、古いけどそんなに良いとは言えないんじゃない?』的な
高校に進学する事にした。 自転車で5分ぐらいだしね!
 親には相談しないで、勝手に手続きしたので後でメチャクチャ怒られた。
しかし、妹が私立に進学していたので経済的にはちょびっと喜ばれて、
なんかイロイロと買って貰った。が、私は完璧に匙を投げられていた。

 そんなこんなで、無事にどーでもいい高校に進学。
小中高が町内なので、中学校から一緒! ってのが五分の一ぐらい。
「フフフ、ランクが下の学校だし、メンツもたいしてかわんないし、
こりゃ、いいね!」  なんて調子に乗っちゃうマメの1年の1学期は
勉強せずともトップクラスに! ここで、全く『勉強』というものを
しなくなってしまったのであった。。。。
                           つづくのか?
[PR]
by oolongwan322 | 2010-01-30 01:19 | ヒトリゴト

Histoire de soi 1

XTC   Mayor of Simpleton
 アンディ!  学生の頃よく聴いて今でも好きです。


b0068551_23395177.jpg

 ヒマなのでダラダラといってみます! 
私の人生は高校入試でくるっちゃったかな〜〜? と思います。

 私は母の実家の鳥取県で産まれました。産まれて一ヶ月で東京の住まいに戻りました。
赤ちゃんの頃から妹(年子)に比べると体が弱かったそうです。

 物心ついた頃から日舞に通ってました。花柳流です。
小学3年の頃、あんまりにもよく風邪をひくので健康の為に。
 と、大嫌いな幼なじみと一緒にスイミングに通うことになりました。
母がその大嫌いな幼なじみを気に入っていたので一緒に通う事は最悪でした。
  小学6年の頃、珠算検定3級にやっと受かりました。
 スイミングは小学校を卒業する時に退会しました。日舞も辞めました。

 地元の中学校に入学。メンツは殆ど小学校の頃と一緒です。
泳ぐ事が好きだったので水泳部に入りました。
そんなにガムシャラには泳ぎませんでしたが、都大会に出たりと
浮き足立つのもつかの間、速い人との実力の差は愕然でショックでしたが
まぁ、現実を見ました。予選でがんばって泳ぐ私より、流して泳ぐヤツが
速い人です。大体、同じメンツを毎回見るので大会は渋々出場。
 速くなくても泳ぐ事は好きだったので、夏になれば、
1人で夜に近所の豊島園で泳いでたりしてました。

 そして中学3年になり、大嫌いな幼なじみが女子にモテモテで
あることが判明。  ありえない。。。
 高校受験に大切な2学期を迎えてある日・・・   つづく!
[PR]
by oolongwan322 | 2010-01-29 23:59 | ヒトリゴト

お裁縫やさん

 年明けに妹から得た情報!!

 ナント!!
『吉祥寺のユザワヤが閉店するんだってー』

 大ショック!!!!  あわわわゎゎゎ・・・。

 子供の頃からお世話になっていた『ユザワヤ吉祥寺店』
(蒲田じゃないのがポイント!←広すぎ)
若い頃のマメが布を買う! というときは、大体が
池袋のキンカ堂 か、吉祥寺のユザワヤであった。
キンカ堂のがマメ家からは電車で10分なので近いけどお店が縮小してしまい
私が進学してからは殆ど吉祥寺のユザワヤに行っていたような気がする・・・。
まぁ、お裁縫道具を買いに行くのにただ単に品揃えが多くて学校帰りに自転車で
寄れて尚かつ、雑貨屋さんが多いし近いから。 ってのもあったんだけど。

 一時、吉祥寺のユザワヤあたりは 雅姫フォロワーvs.手作り上手ゴスロリちゃん
的な感もあった。ユザワヤさんはリバティ布も多少は安いので
リバティばっかり雅姫さんのフォロワーにとっては素敵なお店だったのでは?
まぁ、デザインと布は可愛いけど縫製が悪い物を高価に買うよりは作った方がいいのかも。

 結婚してからは吉祥寺は遠くなり、母や、妹と待ち合わせする時ぐらいしか
行かなくなってしまってはいるけど、最近は似たような可愛い雑貨屋さんが
増えた。雑貨や文房具が子供の頃から大好きな私にはたまらないけど、
売っているものが「あの店にもあったな〜〜」的なのが多い。


 閉店セールとかするのかな? (笑)
ちょっと良い裁断鋏が欲しいな〜〜・・・  安くなるなら!!
[PR]
by oolongwan322 | 2010-01-15 13:25 | ヒトリゴト