ウーロン と まめ と 緑茶  と 紅茶

<   2006年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

平滑筋種

 らしいですです、手術でとったのが。
で、昨日の検査でカテの先についていた細胞が移行上皮癌ですって。
 もう、覚悟はできてます。
この先、ウーロンさんと私たちはいつでも一緒よ。

 でもウーロンさんもとても懐いている今の先生は嫌いじゃないけど、
はやく、もとの先生のお話をききたーい!! 
 早く体調がよくなって病院に復活してくれますように・・・。
[PR]

スカート

b0068551_2253099.jpg 最近スカート作りにハマっています。
1時間もあればできてしまうから。

 悩みのタネがこまめのスカート。
短めのを縫うと松戸は治安が悪いしへんな事件も多いので
へんな人に意識して見られたらいやだなぁ、
と思い、思い切ったデザインや短いものがこわくて
長めのばかりになってしまう。
 この時期スパッツは履きたがらないし・・・。


 本人は「この丈がいい!」と言うけど鉄棒なんぞされたらイヤだわ・・・。
[PR]

そっとして

b0068551_21581036.jpg 普段、こまめがウーロンソファで
ウーロンさんにしつこくすると
激怒するまめですが
自分がしつこくする分には全然OK!





b0068551_21592213.jpg 10分もベタベタと寝れば
「もういいでしょ?」と
いつもの床に移動。

 い、いいけどさ、べつに・・・。
[PR]

↓にコメント下さった方々さま

 
 実はウーロンさんは先月末から検査兼手術の為に入院していました。
簡単な手術の予定だったらしかったのですが、その症状が見つからず、
骨盤を切ることはしなかったので先生が手探りでチェックしていたら
考えていた一番嫌な感触だったそうです。移行性上皮癌が確認されたそうです。
この癌は抗ガン剤の効果は期待できず、取っても再発の可能性が高いらしいです。

 このままだと半年か一年だそうで先生的には
 取ってもあと二年ぐらい、でも今のところウーロンさんが癌によって
痛みを感じてる、ということはないと思いますし普通の老犬に比べると
内臓などの臓器が若く良く機能しているのでこちらとしては無理に予定を
入れてでも早く手術したいです。でも細胞が残って再発してしまうこともあるかも
しれませんが、ゴールデンで12歳も生きてくれれば・・・

 後から先生の部下の先生(研修医?)から聞いた話ですが
 その日の先生はホントに忙しく、ウーロンちゃんの前にも何頭かの手術があって
無理な予定だった為スタートが19時になってしまって。
出血がすごくて大変だったんです、
それで終わったのが23時になってしまったのですよー
 手術は上手くいったそうですがやはり細胞単位で残っているかもしれないとのこと。

 入院してから毎日、まいにち泣いて過ごしていたのですが
お見舞いに行くととても大はしゃぎなウーロンさん、
何度もメールをくれた同じゴールデンママのお友達とその相棒の先輩に
まめは手術までの悲観的な哀しみから救ってもらえました。
術後も一緒に喜んでくれて。
 そしてブログにもコメント下さったウーママさん五郎さん 棺桶大名氏
7さん、うたかたさん いしこさん ジェリーさん
 本当にどうもありがとうございます!

 おかげさまでもうすぐ退院できそうです。
ウーロンさんとの生活が長くなっても短くてもまめは毎日ウーロンさんとの
生活をあいかわらずにゆっくり過ごしていきたいなぁ、と思ってます。
 そして、これからもどうぞよろしくお願いしますね!
[PR]